4Gats :

 2010年、関西初のラテンセッションのホストバンドとして『とくじろう』の呼びかけにより結成。

メンバーは関西を拠点にそれぞれのフィールドで活躍するミュージシャンであるが、

大阪以外の土地でのセッション、ボーカリストやソリストを交えてのライブやイベントへの出演、他のバンドでの活動など、Yacel Sagarra y su Son D K.Libreをはじめ、ラテンセッション以外にも4人での演奏機会は多く、抜群の信頼関係で結びついている。

4Gatsへの出張セッション、ワークショップ、出演等のご依頼はContactよりお問合せさい。

とくじろう: Perc. Vo.  

ラテンセッション主催者で、4Gatsリーダー

​プロフィールはこちら

116773462_320817082504811_7284597735799789942_n_edited.jpg

亀崎ヒロシ:Perc.

大阪芸術大学演奏学科打楽器科卒業。

在学中からラテンパーカッションに興味をもつ。

卒業後にキューバ、ニューヨークに渡り様々なキューバンパーカッションと ダンスを習う。

中でもアフロキューバンパーカッションではタンボレーロの資格を取り、サンテリーアの宗教儀式やアバクア、ルンバのフィエスタなどでキューバ人と共に演奏するなど積極的に活動し帰国。

現在はフリーのパーカッショニストとして、ラテンジャズやサルサ、ポップス、民族音楽、など様々なコンサー ト・ライブ、レコーディング等々、幅広く活動中。

ooyama.jpeg

大山りほ:Pf

 

天理大学入学と同時に「天理大学ALSジャズ・オーケストラ」に加入。

 

ジャズ・ピアノ奏法及び作編曲法等を学びながら演奏活動開始。

 

ポップス、ジャズ、ラテンなど様々なバンドのライブ・レコーディングへ参加。

 

現在、CMの楽曲提供、USENの作編曲を行うなど、様々な方面で精力的な活動を続けている。

石井孝宏:B

2003年 ヤマハ音楽院大阪を卒業。音楽活動を開始。

Tb大迫明氏が率いるLatinユニット『BESTIAS』に参加。

Sax古谷光広氏が率いるコンテンポラリージャズユニット『ODO』に参加。 Quncho Blues Bandに参加。

元憂歌団のボーカル木村 充揮氏のバンドや木村充揮×近藤房之助のユニット『クレイジードッグス』のバンドに参加。

木村充揮氏、近藤房之助氏と三人で北海道4ヶ所を回り成功をおさめる。

ほかにも様々なアーティストのライブサポートやレコーディングをこなしている。

甲陽音楽院の講師でもある。

1/4

4Gats / カトレ・ガッツ

Okayama Jazz Festival 

2021.10.02 Okayama Jazz Festivalへの出演が決定しました!

今回はキューバ人ボーカルのジャセル・サガーラ氏をたっぷりフィーチャーしたステージになりますので、ラテン音楽の名曲から彼自身のオリジナル曲までたっぷり楽しんで頂けるでしょう。

時に情熱的に、時に情感豊かに歌い上げるその歌は、関西のみならず日本各地のファンの心を捉えて離しません。

また、今回はBassの石井孝宏氏に代わって関西屈指のベーシスト川辺ぺっぺい氏を迎え、いつもの4Gatsとはひと味違う演奏をお届けします。

Rehearsal 0929

____0142_edited.jpg

ジャセル・サガーラ

 

1987年10月サンティアゴ・デ・クーバに生まれる。

幼少の頃から芸術に興味を持ち始める。

音楽が趣味の父親の影響で、パーティーや歌、ダンス、そして歴史に囲まれる環境に育ち、それが知らず知らずに彼の才能を形成してゆき、11才の時には最初の曲をハーモニー楽器を使用せずに作る。

彼が唯一持っていたのはインスピレーションだった。メロディーやアレンジ、細かい部分まで録音しなくても記憶することが出来た。彼の創作過程に物の助けは必要なかった。

 

1999年さらなる進歩を求め文化センターに通うようになり、2003年には14才で芸術の教育学校に進学、本格的に学ぶ。

そこではギターやピアノ、キューバの打楽器の演奏を習得し、音楽と創作の能力を際立たせ、音楽専攻の学位を取得する。

 

常に独自の音楽性を模索し、様々なプロジェクトを立ち上げる。

実験的なものや小さなもの、オーケストラ、キューバの伝統音楽のグループ、アーバンミュージック、ダンスミュージック、その他の形態。それらは全て彼を形成し経験となる。

その中で代表的なのが、D'trova(Trova alternativa)、5to"Nico Saquito"、"Duo Ex corde" そして"Son de K.libre"である。

 

2012年にハバナに移り、そこで国際的に著名なアーティスト達と共演する。サンティアゴ デ クーバでもマスコミに取り上げられた経験はあったが、ハバナでのテレビやラジオ、新聞への露出は全国的なものだった。

 

2年後、日本に移り、そこで新たな段階を迎える。彼の向上心や才能を集結させた最も重要なプロジェクトSagarra Musicで、プロデューサー、ソロミュージシャンとしての才能を開花させる。いずれ世界の目に触れるこの才能多き人物については、もっとたくさん語ることが出来る。

今後、彼から目を離すな。決して後悔はしないから。

川辺ぺっぺい.jpg

川辺ぺっぺい(Peppei Kawabe)

関西を中心に様々なバンド、ユニット、セッション、アーティストサポートで活 躍中のベーシスト。またベースプレイだけではなく、作詞・作曲もこなすクリエ イティブなアーティストとして活躍。楽曲の提供だけではなく、自らもシンガー ソングライターとして活動している。